*本サイトはアフィリエイト広告・アドセンスを利用しています

まずはここをチェック!テニススクールを選ぶ3つのポイント

知識・情報
スポンサーリンク

こんにちは。テニススクール歴十数年のあまねです。

私が始めたころは近くのテニススクールは1か所だけだったので迷うこともありませんでしたが、気づけば3、4か所にまで増えていました。テニスに注目が集まってくれて喜ばしい限りですが、初めてだとどのスクールを選んだらいいのか迷ってしまいますよね。

せっかくスクールに通い始めたのに「あれ?想像とちょっと違う…」とならないために、スクール選びのポイントをまとめてみました。

スポンサーリンク

1、料金

当り前じゃないかと思われるかもしれませんが、その料金が1か月分1期分かは意外と見落としがち。スクールによって異なりますが、1か月の場合は週1回×4=1か月、1期の場合は週1回×8=2か月が一般的なようです。

1か月区切りは、入退会・休会がしやすく予定が立てやすいのがメリット。忙しい時期が決まっていたり、花粉や気温などで特定の季節はお休みしたいという人に向いています。

1期区切りは、期間が長い分レッスンの振り替えがとりやすいのがメリット。急に予定が入ることが多い、いろいろな曜日・時間のレッスンに行ってみたいなど、振り替えをとる機会が多くなりそうな人におすすめです。

2、1レッスンの定員

使用するコートの数やコーチの人数にもよりますが、だいたい10人前後のスクールが多いですね。定員数とレッスン中の待ち時間は比例しますので、どんどんボールを打ってスキルUPしたい人はなるべく定員の少ないレッスンを、たくさんの人と情報交換や交流がしたい人は定員が多めのレッスンを選ぶといいと思います。個人的には、1コート7人くらいから待ち時間を意識します。

3、環境

大きく分けると、外コート室内コートの2種類。雨や日焼けを気にせず、一年中通える室内コートが主流ですが、外コートも過ごしやすい季節のみ通う場合や暑さ寒さに強く体力に自信がある場合、風や日差しなど大会と同じ環境で練習がしたい場合などによく選ばれています。

室内コートは冷暖房完備のスクールもあり、スポーツ経験が少なく、体力的についていけるか不安という人に人気があります。

基本的に外コート<室内コート<室内コート(冷暖房完備)の順で料金は割高になりますが、体を壊しては元も子もないので経験や体力に合わせて無理のない環境を選びましょう。

おまけ

ここまではまず確認しておきたいポイントでしたが、おまけ的なポイントをひとつ。それは「スクール生特典」です。私の通っているスクールでは1期(2か月)を5期通うと4000円のキャッシュバックがあって、消耗品の補充やラケットやシューズの予算の上乗せ分としてよく使っています。お試し感覚で張った普段と違うガットが、思いもよらずお気に入りになったことも。「スクール生特典」の内容はスクールによって様々ですが、新しい発見があったり、楽しみが増えたりするものもたくさんありますよ。

テニスのルール、マナー、ラケットやシューズの選び方についてはこちらに書いていますので、よかったらどうぞ。

意外と簡単?テニスの基本ルール
「点数の数え方が独特」「どのラインに入っていればいいの?」など、初めは戸惑うことも多いテニスのルール。今回はテニスの基本ルールについて、簡単に説明していきます。   試合形式について テニスの試合には...
これってマナー違反?知っておきたいテニスのマナー
ルールは知らなければプレーできませんが、知らなくてもプレーできてしまうのがマナーの厄介なところ。「あれ?これってどうするのがマナー?」と思いながらでは、せっかくのテニスも楽しめませんよね。この記事では...
硬式テニスラケットの選び方 ~失敗しないための5つのポイント~
「テニスで一番悩むのはラケット選びかもしれない」と思うくらい、ラケットを選ぶのは難しいですよね。初めてラケットを買うときはもちろん、何本目でも悩んでしまいますが、ポイントを押さえておけばぐっと探しやす...
テニス上達への道しるべ <コートの特徴とテニスシューズの選び方>
コートに合ったテニスシューズを履いていますか? 前後左右にダッシュとストップを繰り返すテニスでは、シューズの性能がとても重要になってきます。今回は、コートとテニスシューズについて解説したいと思います。...
知識・情報
スポンサーリンク
スポンサーリンク
シェアする
amaneをフォローする
パンドラの樽

コメント