使い分けで上達! ボレーの種類とは?

知識・情報

ボレーは「振る」「振らない」
どちらが正解だと思いますか?
私も疑問に思っていましたが、実はどちらも正解だといえるでしょう。ボレーにも種類があり、打ち方も違ってきます。今回は、ボレーの種類についてまとめてみたいと思います。

 

スポンサーリンク

ボールをガットでパンチするような弾くボレー

チャンスボールなどの緩いボールを強打したいときに使われる攻撃的なボレーです。
振るボレーですが、振りはコンパクトに。ヘッドを少しねかせて起こしながらボールに当てるようにすると、小さな振りで大きなパワーを伝えられます。
ネットから離れた位置で打つにはコントロールが難しいので、なるべくネットに詰めて打ちましょう。
ダブルスのネットプレーでよく使われます。

 

ボールのスピード・パワーを受け流すボレー

相手のボールが速いときやネットから距離があるときに使われるボレー。
セットから打点までラケットの角度や面の向きは同じです。ボールを運ぶ・乗せるイメージで、肩を支点にラケットと腕をひとかたまりで振ります。ボールのスピードやパワーは回転と前へ進む力に分散されるため、振ってもコートに収まりやすく安定性の高いボレーです。
柔らかいタッチでボールのスピードやパワーを最大限受け流すことで、ドロップボレーも打てます。

 

壁のように守るブロックボレー

スマッシュやストレートの強打など、相手からの攻めのボールを返すときに使われる守備的なボレー
ボールが来るところに面をセットして、当たる瞬間にグリップを握り込みます。セットした面と打点の位置がほぼ同じため、ラケットは振りません。振らない分、相手の強打や決め球にもすばやく対応ができます。
正面のボールを返すときは、バックハンドで打つようにしましょう。

 

最後に

スピードやパワーのあるボレーを打つには「腕の振り」以外に、体重移動を使う方法もあります。フォアは左足、バックは右足を前に踏み出しながら打つことでボールにスピードやパワーを伝えます。踏み出した足の着地をボールが当たるタイミングに合わせるのがポイント。
どのボレーが適切か、体重移動を使う余裕はあるかなど、ボレーは瞬時の判断が重要になります。状況別に使い分けられるよう、いろいろな打ち方のボレーを練習しておきたいですね。

 

 

コメント